園日記

雨の週末

2022年05月13日

一週間の終わり、金曜日です。週末となるとなんだかのんびりな気持ちになります。そして雨だとよりのんびりとした気持ちになります。子どもたちもお休みが多くて、ゆったりな一日でした。

年長SくんとKくんは、洗濯ばさみをブロックのようにして、組み立てていました。部屋の隅っこにテーブルがあったので、2人でロボット?乗り物?を作って2人の世界で遊んでいました。まるで秘密基地にいるような感じです。

年長Kくんは、なにをしようかなーと、部屋を見まわしていました。年少Hくんが「電車やりたい」と、言ったのでその仲に入る感じで、Kくん、Hくんと、年少Sくんも来て3人で電車をしていました。年少KくんSくんはその後も二人で遊んでいて、SくんがHくんのやっている事を真似して同じ動きをしながらゲラゲラ笑っていました。同じ動きをして同じように「楽しい」と感じ共感する、友だち同士のつながりを感じているようでした。

年中Mちゃんは、塗り絵を集中してやっていました。保育者が折り紙の準備をしていると、「なっちゃん、折り紙やりたい」と、自分の気持ちを伝えてきました。自分から気持ちを伝えられるって大切なことですよね。折り方の説明もしっかり聞いて指に力を入れて折り目もしっかりつけていました。

登園してからすぐ遊び始める子、友だちを待って遊び始める子、タイミングもそれぞれで、一人ひとり違いがあるのですよね。そこを見守りながら、でも大事なこと大切なことはしっかり伝えていく。見守るって全て「いいよ」と、受け入れる訳ではなく、相手が困っていること(それは親でも)をしていたら、「違うよ」と、はっきりわかりやすく伝えます。

子どもの気持ちを大切にすることと、全部いいよと受け入れるのは違うのですよね。その違いはとても難しいかもしれませんが、こどもの力を信じて伝えていきたい事です。

もし、悩んでいたり困っているお母さんいらっしゃいましたら、チューリツプルームにいらしてください。見学、体験、受け付けています。

 

 

 

なつこ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ