園日記

小さい子の活動

2022年01月13日

今日もお集まりは乳児組と幼児組で別れて行いました。

火曜日もそうでしたが「お集まりするよ~」というと小さい子だけで

主体的に動き、小さなテーブルの周りにささっと座るちょうちょ組とあおむし組。

この連帯感は何なのでしょう!と感心します。

お外に行く準備の時はまだ入園して間もないMちゃんが、外に出る準備が一番最後になったCちゃんを気にして、靴下と靴を履かせてあげようと必死になっていました。助けてあげたい気持ち満々です。Cちゃんは靴を履く事よりもMちゃんとお話がしたかったようで手が止まったまま。小さい子だけでもいつもと同じような光景です。

今日は小さい子組は第4公園に行きました。

大きなグランド側で遊び、いつものように砂置き場で砂遊びをしました。

MちゃんとM二人、林の方に遊びに行きました。その先には遊具があるし、そのまま向こうに行ってしまうのでは?と思いましたが、声を掛けるとその声がちゃんと聞こえているようで二人で戻ってきました。ちょっと暗い林があって、お化けがいると言っています。ちょっと怖いけれど、近くにはみんながいるから安心だから冒険もしてみる~。そんな遊びを楽しんでいるようでした。

その後M以外の7人と私で山を登ってこ文の方まで登っていきました。

ちょうちょ組はどん登れますが、あおむし組はちょうちょ組に追いつけずまだ下の方。どんどん距離が離れていきます。

先頭組がどんどん見えない所へ行ってしまわないかしら?と気にしていると、曲がり角がある要所要所で立ち止まり、小さい子が追いつくのを待ってくれていました。そんなことも出来るようになりました。

一番後ろでCが転んで泣きべそをかいていると、RとSがさっと来た道を戻ってCを助けに行きました。

このところ仲間意識、連帯感が増してきました。

最近ことばでコミュニケーションをとれるようになった1歳児組。

そのやり取りも見ていてとても楽しいのです。

お時間ある時にぜひ見学にきてくださいね。

by とみぃ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ