園日記

母の日の制作

2021年04月28日

明日からゴールデンウィークに入ります(金曜日もお休みの為)。今年は母の日が早めなので連休前に取り掛かりました。作る前に母の日の話をとみぃがしました。大きい子たち(年中、年長)だったのでカレンダーを見ながら、明日からお休みになること、母の日が5月9日だということ、を伝えました。

「みんなのお母さんはどんなお母さん?」と、聞くと、みーーんな「優しい」と、答えていました(あれれ…!?)。ちょっと難しくて真似っこだったかな…。

次に「あ母さんの名前は?」と、聞くと、全員答えられました。チューリップルームではお母さんもスタッフも名前で呼び合っているので、大人の会話を聞きながら覚えているのかもしれません。答えに戸惑う子もいましたが、隣の子が「○○だよ」と、教えてあげる姿もありました。

紙の半分はカーネーションを作り、もう半分はお母さんの絵でもお母さんの好きなものでも、描いてねと始めました。ほとんどの子がお母さんの絵を描いていました。

お母さんの絵の周りにリボンを描いたり、ハートの柄の可愛いズボンを履いていたり、5~6色使って描いている子もいました。絵を見ているとお母さんへの思いが伝わってきてとってもあたたかくなりました。普段は糊をいやがる子も、今日は「やだ」という声もなく使っていました。お母さんへの思いがそうしてくれたのかもしれないですね。

 

終わってからは、絵本「おやゆび姫」を、読みました。親指を皆で立てて、「これえくらいなんだー」と、自分の親指を見ながら納得しているようでした。

どんな気持ちで答えたのかな…と考えるとこちらまで楽しくなりました!

 

 

なつこ

 

 

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ