園日記

楽しさ分かち合う

2021年03月05日

江の島遠足の翌日でみんな顔も体もすっきりした感じの様子。

おあつまりの質問は「きのうの遠足で楽しかったこと教えてください。」ときくと、すかさず小さなかわいい手がいっぱい上がりました。本当にたのしかったのですね。砂浜で、足がうまってしまって抜くのに苦労したこと、波がきたら皆でジャンプしたこと、大きな石(テトラポット)にみんなで登ったことを満面の笑みで話してくれました。そうかと思えば、意味なく体を寄せてきて「ニター!」と笑いかけてくる女の子もいて、楽しさを言葉でなく仕草で共有したかったのかなーと思い、こちらも笑ってしまいました。

チューリップ組のお友達は昨日のお留守番の時に、お当番の仕事がしっかりできたことをそれぞれ発表してくれて、こちらも満面の笑みでした。

お部屋では、年長女子が中心に、カラフル折り紙でかざりをつくっていました、ジャバラに折ったものを円形にまとめて飾りものを作ったりしていました。卒園式のときの飾りになるといいですね!

今日のご飯のメインはおさかなでした。とても美味しい焼きイワシでした。でも骨があると嫌なのか、イワシとにらめっこしながら念入りに骨を取る子がいて、目を寄らせながらとっているこもいました。お肉よりも苦手意識のある魚ですが、少しずつ食べていけるといいですね。

 

しげ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ