園日記

今年も始まりました

2021年01月06日

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今日からチューリップルーム、スタートしました。昨日お家組の子たち何人か来ましたが、本格的なスタートは今日からで、久しぶりに皆に会えて嬉しかったです。少し間があくと照れたように…どんな顔して登園したらいいのかな、、、。と、ちょっぴりドキドキしている子もいました。一人ひとり登園するすがたに、その子が出ていてそれを感じる朝でした。

今日は餅つきでした。子どもたちが遊んでるうちに、もち米を炊き、臼に入れると、なんだなんだと寄ってくる小さい子たち。炊きたてを一口ずつ大人が食べていると…大きい子たちも気づいてこちらへ来ました。声をかけられてから来るのではなくて、「自分で気づいて参加する」という気持ちが大切ですね。

小さい子から一人ひとり餅をつきました。1歳のRちゃんは臼と杵を目の前にして「いや~」と、泣き出しましたが、ママと一緒についてみると、泣き止みました。つき終わるともうすっかり慣れたようで「もう少しやりた!」という気持ちが出ていたくらいでした。

全部つき終わるまで、子どもたちは公園であそびました。年長Mくんは「今日楽しみな事があるんだー」と、嬉しそうに言ってました。「なに?」と、聞くと「これからお餅たべるからー」と。お餅が大好きだそうでとっても楽しみにしていました。

のり巻き、あんこ、きなこ、納豆、ずんだ、の5種類とみかんとバナナを並べ、お母さんたちが「おもちやさん」のように子どもたちのお弁当に入れてくれました。

たっぷり食べて遊んで、一日終わりました。

 

 

なつこ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ