園日記

道具作り  

2020年12月10日

今日は朝から劇ごっこの道具作りをしました。

年長さんは昨日の続きのパン作り。

段ボールや厚紙にパンを描いて切り取ります。

ダンボール紙が足りなくなったので、しおと年長さんは、クリエイトにダンボール紙をもらいに行きました。

たくさんのダンボールをもらって、帰り道は頭の上にダンボールを載せて運んできたのだと嬉しそうに話してくれました。

ダンボールでパンのショーケースを作りました。

年長女子のふたりは

そこにきれいに白い紙を貼り、作ったパンを貼り付け、あっという間に素敵なショーケースになりました。

KとHは工夫して、赤い火がメラメラと燃えている、パンの焼き窯を作っていました。

劇に合ったものを自分たちで考えて工夫して作っているのに感心です。

チューリップさん、年中さんもはちみつのツボやパンなどの小道具を作りました。

道具を作ると劇に対する気持ちが盛り上がってくるようです。

小さい子たちが散歩に出ていたので、その間に「どうぞのいす」も「ゴリラのぱんやさん」も1かいづつやってみましたよ。

歌は回を重ねるごとに、大きな声が出て、堂々としてきて、

とてもいい感じになってきています。

年長さんがいっしょうけんめいに歌っている様子を、年中さんもチューリップさんも、

あおむし組もありんこ組も、しっかり見ていましたよ。

by とみぃ

 

 

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ