園日記

秋を感じて

2020年11月18日

とっても気持ちのいい一日でした。秋空に色づいている紅葉やイチョウが映えて、見ているだけで清々しい気持ちになりました。

集まりでお迎えの場所だけ伝、「どこで遊ぶかは決まってないよ。でもとみぃとなっちゃん(スタッフ)の間では決まってるけどね」と、伝えてみました。すると「どこか教えて!」と、年長A。「言うと、そこの公園にしようって言うから言わなーい」と、伝えるとハッとした表情になりました。図星だったんですね…。

結局、意見の多かったへび公園に決まり、でも年長Hの「7丁公園がいい」と、いう意見もありました。ほぼ全員がへび公園と言っている中、一人だけ違う意見を言えてるH。その姿とても頼もしかったです。7丁目公園は金曜日に行こうと約束しました。

公園までの道のりで、色づいている紅葉を見つけ「あそこ色が変わってるよー」と、思わず立ち止まって見上げて子どもたちに伝えてみました。「あそこは赤いね」「こっちも変わってる」と、紅葉の下にいつまでもいたい気分でした。

公園では、いつもどおり…もみくちゃになりながら滑り台を楽しみ。ママ弁食べた後も滑り台(笑)。子どもってずっと同じもので遊んでても楽しめて、すごいな…と、感じました。きっと、瞬間瞬間で遊びが変化し、楽しみ方も変わっているのですね。今を100%で生きる姿を見せてもらっています。

 

 

 

なつこ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ