園日記

あみだくじで公園決め

2020年11月13日

ここのところお天気続きで気持ちいいですね。お休みが三人いたので、いつもより空間が広く感じました。姿をみつけて「おはよう!」といってきてくれて元気な様子が伺えました。そんな会話のなか、「とみいは来る?」「なっちゃんはくる?」といつもこの時間にいない保育士のことも気になる年長S君。「あとでくるよ!」というと安心したようすでした。ちょっとの変化に子どもは敏感です。

今日はおあつまりのあと、どの公園に行きたいか聞いてみました。だいぶどうしてそこの公園にいきたいのか理由も口にだしていってくれるようになり、「おおきな滑り台があるから」とか「揺れるはしごがあるから」と発表していました。結局、七丁目公園か第四公園ののどちらにしようかなという事になり、あみだくじで決める事にしました。

あみだくじ作る時、まずなっちゃんが線を引いて、そのあとお当番さんに好きなところに線を一本づついれてました。さらに、なっちゃんが線を入れて完成。あみだくじが初めてだという子もいて、興味深く見入っていました。

あみだくじの歌を歌いながら線をたどり、決まったのは第四公園!だれも文句言いません。物事を決める方法を自分達で考えて楽しめるようになるといいですね。

 

byしげ

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ