園日記

公園あそび

2020年08月27日

今日は全員で宮前平公園に行きました。

一番小さいRちゃんもおんぶで連れて行きました。

シートを敷いてRちゃんを座らせると、遊び用に持っていったペットボトルや

カップで静かにひとり遊びをはじめました。

小さいお姉さんたちが集まってきてRちゃんのまわりを囲んで我先に~という感じに

お世話をし始めました。おままごとみたいな様子でかわいかったです~。

公園の隅の木の所に子どもたちが集まってワイワイと騒いでいたので見に行くと、

どうやら木の上で、大きなカマキリにセミが捕まって逃げられなくなっているようす。

カマキリからセミを助けようとなんとかしようと試行錯誤している最中でした。

枝にボールを投げたらビックリして落ちるんじゃないかとボールを投げてみたり、

ペットボトルで水をかけたらセミが逃げるかも・・・とやってみたりしましたが、

ボールは届かないし、水も届かず。

落ちている傘の取っ手のところを投げたり、石を投げてみたり、少しだけ枝はゆれても

カマキリもセミもしっかりとしがみついているので、ピクリともしません。

「とみぃ、届く~?」と言われましたが手を伸ばしても無理です(届かない振りをしました

「じゃあ抱っこして~」ということになり、3人くらい抱っこして、ようやく枝に手が届きました。

引っ張っても揺らしても、カマキリもセミも知らん顔です。

楽しいね~と誰かがいいました。

そうなんです。こういうことが楽しいのです。

 

汗もかいたしそろそろ帰ろうか・・・という時に、

年長さんがひも付きのペットボトルのおもちゃを投げて、木の枝に引っかけてしまったよう(笑)

年長さんでそれをどうにかしてもらうことになり、

公園に居残りになりました。

どうなったかな~?

年中以下の子どもたちは、お部屋に戻って水遊びを楽しみましたよ~。

by とみぃ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ