園日記

水ふうせん

2020年08月21日

今日もあつい一日でした。朝おへや着くと0歳児のRちゃんしかいなかったので、他のこどもたちはどうしたのか聞いてみると、早い時間から公園に遊びにいったようでした。帰りを待って、水遊びの用意をしていると、みんな真っ赤な顔をしながら元気に戻ってきました。手にはセミがが入った虫かご。せみ取りを楽しんでいたようです。虫かごを覗いてみると、せみが交尾をしていました。年長Kちゃんはその説明をしてくれました。女の子も平気でセミを捕まえている姿が印象的でした。

そのあと、水遊びにうつりました。きょうは水ふうせんであそびました。一個ずつふうせんをもらい、水道の蛇口にとめて水をいれます。その工程は、なかなかちいさな子には難しく、、小さい子たちは、出来る子の手元をじっーと観察していました。

遊びにていたYくんも水遊びに参加。水がはいった水ふうせんの感触とYくんのかわいらしい丸いお腹を触った感じと似ていたので、みんなで太陽の光を浴びました。

お昼はしお弁、混ぜご飯を、ハート型か山型の器を自分で選んで、ぷちお子様ランチ風のお弁当です。

美味しくて、おかわりいっぱいしてごちそうさまでした。

 

byしげ

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ