園日記

夏まつり

2020年07月29日

今日は先週から準備をしていた夏まつりの日です!時々雨が降ってきましたが最後まで無事出来ました。ひまわりさんはちょっと早めに来てお店の準備です。それぞれ担当のお店の場所で、駄菓子を出してならべたり、水を運んでプール(ヨーヨー、スーパーボール)に入れていました。

お店をやる人と、お店をまわる人と、順番を決めてお店屋さん開始。。。でも、どちらが先にまわるか決められない所もあって、そんな時は声掛けをします。なにかヒントになる言葉ないかなあと考えてるとふと思い浮かぶ言葉があってそれを伝えています。見守る時もあれば、そうじゃない時もあります。

こういう行事の時は、特に力が出るので(大人も子どもも)、見守ったり、声かけたり、見極めって大事だなと感じました。

今年は、チューリップに戻って、そうめん流し、スイカ割りです。そうめん流しでは、年長さんは流れるそうめんをキャッチしようとしていましたが、小さいこは下に溜まったそうめんを食べていました。自分はここで食べると、決めてそれぞれの場所で楽しんでいました。

すいかは、年長Mくん、あおむしHくんのおじいさんが無農薬で育ててくれたものです。目隠しをして「こっちじゃない」「もっと右!」と、誰よりも大きな声で言っていました。後半は大人も参加。大人が棒で叩くと少しヒビが入り、みんなが」一斉にスイカに集まる…そして散っていく…という光景がなんとも面白く心のままの子どもたちの姿に大笑いでした。

 

 

なつこ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ