園日記

ジャガイモのおはなし

2020年07月17日

きのうは、すこしだけお日様の顔が見られたのですが、きょうは朝から雨。雨ばかりだとお日様が恋しくなるのですが、反対にお日様続きでカンカン照りになると雨が恋しくなるのが私たち。でも自然にお任せして今は今を、雨を楽しむチューリップルーム。

年長Kちゃんが、きのう畑で掘ったというジャガイモを数個と、畑の様子を撮った写真を持って来てくれました。お集りがおわってから、Kちゃんが前にでて、みんなに説明してもらいました。会社でよく行われるプレゼンテーションのような感じ!じゃがいもを傷つけないようにして掘る方法(まずは優しく手で掘るのだそうです。)や、写真をみるとどんな感じで植えられているのかも一目瞭然よくわかります。子どもたちも大人も生の体験を話しているKちゃんの説明が手に取るように伝わり、真剣に聞き入っていました。チューリップでもサツマイモのお芋ほりをしますが、なまの体験を小さい頃にたくさんさせる事は、ほんとに大事だなーと思いました。この体験、一生忘れないですね。

そのジャガイモは、お弁当のあと、レンジでチンして早速ごちそうになりました。ホクホクアツアツで塩やバターをつけてみんなで食べました。美味しかったです。

帰りの時間まで少し時間があったので、クマちゃんぬいぐるみ見つけようゲーム!積み木の色に合わせて連想ゲーム!カプラをつかってろうそく吹き飛ばせゲーム!などをして遊びました。詳細はこどもたちに聞いてみてくださいね!雨でも楽しく一日お部屋でおもいっきり遊べました。

しげ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ