園日記

お山の公園で泥んこ遊び

2020年07月02日

今日は梅雨の合間の晴れ日!気持ちのよい快晴です。

早い時間にお集りをしてお山の公園へ遊びに行きました。

途中の信号で卒園児3人に会って、急にみんなのテンションが上がりました。

卒園児3人が一足先にお山の公園に行くと知り、急に歩くスピードが速まりました。

昨日の雨で、滑り台の下や広場には水たまりがたくさん。

1歳児のMとHは早速ピチャピチャと泥水遊びを始めました。水たまりの中へ泥を投げたり、長靴の中に水を入れたり、バシャバシャと水しぶきをあげて歩き回り、泥水の感覚を楽しみ、まるで夢パークのようでした。

卒園児の小学生が、落ちていた水風船を拾ってきて、水風船遊びが始めると、それに引っ張られて遊びがどんどん広がり、泥遊びにちょっとブレーキがかかっていた年長男子もダイナミックに遊び始めました。

気が付けば、小さい子は顔まで泥だらけ。帽子も真っ黒け。水をくんだたらいの中で泥を落とし、

行水して汗を流してさっぱりしてからお部屋に帰りました。

給食に、卒園児のSの新潟のおじいちゃんが作った夕顔の煮物を出しました。

のど越しよくつるっとした食感なのでとておも美味しく、初めて食べる食べ物でしたがたくさんおかわりしていました。

Sのおじいちゃん、ごちそうさまでした。

by とみぃ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ