園日記

泥のかけあい!

2020年06月12日

梅雨明け宣言した翌日、さすがむしむし暑い日でした。今日も元気に子どもたちは登園しました。

お部屋のなかでは、卒園児のお母さんが持って来てくれた、ヘリウム風船での遊びをしていました。上に挙がったままの風船を年長さんたちがどうにかして取ろうとして、丸めた筒状の新聞紙でつついてとろうと試していましたが、あっちいったりこっちいったりでなかなかうまく取れません。それをみていた小さい子たちも仲間いり、大きな子たちと一緒に試行錯誤しながら捕獲作戦を繰り広げる遊びに楽しそうに没頭していました。

今日はお山の公園に行きました。公園では、泥んこ遊びをしたり、ブランコにゆらゆら揺られて風を感じたりしていました。

すると、年長MくんとSくんの泥の掛け合いが始まっていました。はじめふざけ合っているのか喧嘩しているtのかわからなかったので、黙ってみていると、Sくんがこちらに寄ってきて「やめてって言ってもやめてくれない!」伝えに来ました。Mくんに言わないと伝わらないよと返すと、すぐさま自分で解決に挑んでいました。その後は、ふたり、笑顔の泥の掛け合いになっていました。

二人ともお互い気になって仲良くなりたいけど、気持ちをうまく表現できないかわりに泥の掛け合いになったのかなと思う一幕でした。

また来週ね!

byしげ

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ