園日記

お当番活動

2020年06月04日

新学期になってお当番カードを作り、お当番の仕事も始まりました。年長、年中合わせて9人なので、すぐに回ってきてしまいますね。

今日は年長Hと年中Rのふたりがお当番です。年中Rくん、お当番をやるの初めて。バニラの世話は

やったことがないのでどうかなあと思っていましたが、嫌がることなく、

むしろ張り切って、バニラのトイレの砂の掃除もやっていました。

二人がお当番をやっていると、慌てて走って来たのが1歳児Mくん。交換したバニラの水入れを手洗い場に持って行ってもう一度交換。二人がトイレの砂を補充すると、「自分がやる~!」と泣いて主張。

「ほうきとちりとりを持ってきてお掃除もしてね~」とRくんに私が付け加えてお願いすると、Rくんに負けじと掃除道具置き場へ。

その様子にびっくりでした。どうやら、チューリップが始まる前に何回かバニラのお世話をやってきたので、バニラのお世話は自分の仕事!と思っているようなのでした。そして一人前にできてるからさらに驚きです。

今年度入園した1歳児のHくんも、火曜日にほうきとちりとりで掃除をする・・・という動作を覚え、

今日は自分で玄関のほうきとちりとりセットをもってきて、ずーっと玄関を掃いていました。

小さい子は生活すべてが遊び。大人がやること、大きい子がやることを観察して、ものすごい勢いで

吸収しています。なるべく寛容に、小さいからとかできないからとか思わずに、やりたいことをやらせてみるこちら側のゆとりが必要だなあと感じました。

今日もみんなでお山の公園へ遊びにいきました。たっぷり遊び、遅めの昼ごはんでしたが、1歳児は降園まで元気に過ごしました。

by とみぃ

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ