園日記

宝さがしゲーム

2020年03月09日

元気いっぱいにぎやかな月曜日がスタートしました。それぞれ自由遊びの後サッとお片付けをして、音楽に合わせてダンス!お尻歩きをしたり、段ボールを足に挟んで飛び跳ねたり・・・音楽は聴いているだけでも楽しい「キャッツアイ」思わず身体が動き出しそうなノリノリのリズムでした!一通り身体を動かした後は、輪になって座って「宝さがしゲーム」をしました。鬼になった子が目隠しをして、その間にひとりの子が宝(レインボーボール)を服の中に隠します。鬼は誰が宝を持っているか?を当てるゲームです。鬼を惑わすために、宝を持っていない子も服の中に手を入れて、宝を持っているように見せかけていました。鬼はヒントを聞くことができて、年中Kが鬼なった時には「まあまあ大きい子」とか「ふわふわのスカートをはいている」等というヒントが出てきました。見て感じた事を相手に伝える事は、表現力・語彙力がないとなかなか難しいですね!鬼になった子も、宝を探すのには洞察力が必要でしたね。簡単なゲームでしたが、見て考えていろいろな力を使うゲームでした。その後は、久しぶりに大人ソーランを踊って、大盛り上がり!
お昼はお弁当箱にお給食をつめてお山の公園で食べました。今週は春の様な陽気が続くようなので、時間が許す限り外に遊びに行きたいと思っています。引き続き体調には気を付けて楽しみましょうね!

<<前のページに戻る

ページの先頭へ