園日記

おみせやさんごっこ~レストラン~

2020年01月29日

今日はお店屋さんごっこの二日目、レストランごっこでした。登園してすぐ、年長さんは昨日作ったクッキーの仕上げを、年中さんは決めておいたお店の準備を始めました。

それぞれ自分が「やりたい」という気持ちで選んだお店です。「自分のお店のところに行ってね」と、声をかけなくても、各店ごとに置いてある材料を見てそれぞれのテーブルに集まっていました。そこにお母さんたちも入って、準備開始です。あ母さんたちも子どもが主体とわかっているので、見守りながらどうしたいかを聞いて進めてくれたようでした。

年少さんや小さい子たちは、遊びのコーナーで過ごしています。でも、面白そうなことをしているなーと興味津々!テーブルの近くに行って、観察、観察。でも「やりたい」と自分から言って、年長、年中さんにOKをもらって、少しだけやらせてもらい「やったんだ!」と得意気に言ってる子もいました。

その後は、お母さんたちのお店。糸電話屋さんとプラネタリウム、豆つかみ&片足立ち競争(はしやスプーンで豆をお皿に入れる)という面白そうなお店が3つ出ました。初めて手にする糸電話に「聞こえたー」と楽しそうな声や、手作りのプラネタリウムも「流れ星」「チューリップのマーク」と形を見つけて楽しんでいました。豆はお皿に入れたぶんはお土産だったので嬉しそうに持ち帰りしていました。

いよいよ、レストランオープンです。バイキング形式にして年長、年中さんによそってもらい、今日は椅子をテーブルにして食べました。自分たちがワクワクして作ったものを食べる。どの子に聞いても「おいしい!」と心からの声で言っていました。「野菜がないから美味しい!」って言ってる子もいました。それもそれで子どもらしい発言です!

なつこ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ