園日記

泣くことはいいこと!

2019年11月25日

11月も今週終わりですね。今日も卒園生が三人遊びに来てくれたこともあり、子供たちはハイテンション!みんな早く外に遊びに行きたくてうずうずした様子。月曜日のいつもの光景です。

教室では揉め事がちらほら、泣く子がいつもより目立ったので、今日の質問は「どんな時に泣きますか?」でした。「お父さんに怒られた時、お母さんに怒られた時」「喧嘩したとき」「おじいちゃんが死んだとき」「身近な人がいなくなった時」等々。子どもの答えはこんな感じでした。しおは普段は泣かないけど、卒園式にはみんなの成長が嬉しくて感動した時に涙がでる!と答えました。大人は嬉しい時や感動した時、悔しい時、情けない時も涙が出ますよね。

最後に「泣くことはいいこと?悪いこと?」の質問に、みんな迷いもなく「いいこと~!」と答えました。さすが、チューリップの子供たち!と感動しました。チューリップでは「泣けて良かったね!」とよく言っています。感情を表現できることは簡単なようで意外と難しい時もありますよね!幼児期に生活の中でできるだけ多くの感情を経験できればいいなと思います。

お給食は宮前平公園で食べました。今日は暖かくて、公園でみんなで食べるお給食は美味しかった~!

<<前のページに戻る

ページの先頭へ