園日記

みのむしの制作と第一公園遠足

2019年11月13日

今週から子どもたちが作ったみのむしの制作物が市民館に飾られる予定です。

今日はその仕上げをしました。

大きな模造紙にミノムシをつけて飾るのですが、

さて、どうやって飾るのかなあと脇でみていると、子どものクレヨンを持つ手がどんどん動き、あっという間に大きな木が描かれ枝を張り、葉っぱがつき、青空と太陽も描かれました。

金曜日に、ミノムシをどうやって飾るかという話し合いをしたときに、子どもたちからアイディアが出て

そのイメージで描いたとのこと。

こどもたちは描きながらスペースを分担するわけでも、どこに何を描くと話し合いをしながらでもなく、

それぞれが自分のやりたいように、好きな場所に描いたり色を塗ったりしているのですが、

それがとても味があって素敵な感じに仕上がっていました。

金曜日から展示されるようなのでぜひ観てくださいね。

 

その後はみんなで遠足!今日は久しぶりに宮崎第一公園です。

春に第一公園に行ったときよりずいぶんしっかり歩けるようになり、あっという間に到着しました。

いつものようにお花畑の土手を登り、橋の上で電車を見送り、公園の坂を滑りながら降りました。

ここの公園は遊具がないぶん、遊びがいろいろと広がります。

お弁当を食べた後は、木登りしたり、鬼ごっこをやったり、探検をしたりしてたっぷり遊びました。

その後公園を出て、宮崎台の駅のロータリーで、しおの沖縄土産のちんすこうをみんなで座って食べてエネルギーチャージ。

また宮前平公園まで歩きました。

by とみぃ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ