園日記

ゆうびんやさん

2019年11月11日

秋も深まり空気がひんやりと感じられるようになりましたね!週明けでテンション高めの月曜日です。再会を喜ぶように教室の中でじゃれ合う男の子たち。このパワーは教室の中だけでは発散できないと思い、早めに宮前平公園に遊びに行きました。

公園では小さい子たちはお砂場遊び、ひまわりの女の子たちは大縄で遊んでいいました。そのうち、ひまわり組の男の子二人と女の子三人で郵便屋さんを何回跳べるか?の挑戦が始まりました。縄を回すのはなっちゃんと私。真剣なまなざしの五人。「ゆうびんやさ~ん、落としもの~、ひろってあげましょ、いちまい~・・・」いつもはもっと跳べるのですが、今日は何回やっても一回以上は跳べませんでした。でも跳べなかった子を責める事もなく、「少し休めば~?」という大人の言葉も聞かず、何度も何度も挑戦し続ける五人。残念ながら今日は一回以上は跳べなかったけれど、五人が一つの目標に向かって頑張る姿を見ることが出して嬉しく思いました。運動会以来、こうした団結力を垣間見ることができるシーンが度々あって成長が感じらますね。

今日は粗食の日でした。しゃけ、ゆかり、昆布の三種類のおにぎりと果物でした。おにぎりにするとご飯が美味しくて何個でも食べられますね!食欲の秋ということもあって、13合炊いたご飯は完食でした!!

<<前のページに戻る

ページの先頭へ