園日記

夏らしい日が戻ってきました

2019年08月29日

夏らしい日が戻ってきました。

水遊びをやることになり、年長さん二人と年中さんのKちゃんが準備をしてくれました。

外の水道からバケツで水を運びます。

年長男子のMとS。火曜日もそうでしたがバケツに並々の水を入れ、黙々と何度も何度も運んでくれました。Kちゃんも淡々とプールがいっぱいになるまで淡々とやっていました。

大人がお願いしたからやるのでなく、自ら買って出たこと。だから暑いとか重いとかそんなことばはでません。かっこいなあ。

お水遊び、お部屋遊びを楽しみ、お昼ご飯は外チームと中チームにわかれました。

しかし、結局お部屋に残ったのは小さい二人だけでほぼ全員公園でお昼ご飯となりました。

大きな木の下は、意外に涼しくて、セミの声を聴きながら、セミが停まる様子を眺めながら食べました。

隣で食べていたちょうちょのKちゃん。今日は給食の量がちょっと多かった様子。あまり進まない感じなので「残していいよ~」と声をかけましたが、「食べる」と。でもちょっと無理して食べているようです。

今日の給食にあったかリカリピザのおかわり分の最後の1枚が目の前でなくなると、

「あ~あ」とKちゃんの泣きそうな声。どうやらそのおかわり目当てて、最後まで頑張って食べようとしていたらしいのです。もう一度「あ~あ」と言い、もう頑張る気持ちもなくなり、お弁当をしまいはじめました。残念だったね~。

給食の後はドッチボール。総学生のNちゃんも参加してくれたので、盛りあがりました。楽しい!そしてみんな汗だく!

久しぶりに夏らしい日を過ごしました。

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ