園日記

迷子になったらどうする?

2019年06月28日

今日は6月最後の金曜です。早いですね。もう来週から夏休みになる7月が始まります。7月はイベントが盛りだくさん。かみしばいやさん、ボディペインティング、夏祭り、お泊り会とたくさん楽しいことがあります。子どもたちはもちろん、おかあさんたちやスタッフも毎年楽しんでいます。

お部屋では、空いたスペースをつかって相撲をしました。はじめのかまえかたがわからないという子がいたので、私と年長S君が、はじめ対戦をしてみました。ほぼ男子がみていたのですが、S君の勢いに圧倒されて絶対負ける相撲はやりたくないとS君とのとりくみを拒否していました。「負けてもいいんだよー」といっても絶対やらないの一点張り。負けるのが嫌なのもあるけど、怖さが先にたったのかな。

集まりの前に「かあさんになったあーちゃん」という絵本をよみました。迷子になった子のお話でしたので、今日の質問は「迷子になったらどうする?」でした。

答えはさまざまで、「動かないでそこにずーといる。」、「みどりの電話をつかう。」、お金持ってないからみどりの電話つかえないよ(私)。「大きな声で叫ぶ。」など。なかには「大人のひとか大きな小学生のひとを見つけて、迷子になりましたという。」とこまっているのをアピールをするという正統派の答えもありました。本当にいざなってみないとわからないけど、なんとかして自分たちが動かないとはじまらないということだけはちゃんとわかっていました。

7月になってからますます暑くなってきますが元気に遊びましょう。

 

byしげ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ