園日記

ドッジボールをやりました

2019年06月27日

今朝はたくさんのお母さんたちから「耳大丈夫ですか?」とご心配をいただきました。ありがとうございました。

昨日は多摩川遠足の予定でしたが、私が通院で引率できなかったので7丁目公園に変更。お集りで、どうして7丁目公園に変更になったかという話をしおがしたらしいのです。それはそれは、みんな真剣に話を聞いていたようです。「とみぃは大丈夫なんだろうか」と家族のように心配して、おうちの人にも伝えたんですね。ありがとう! 心が育ってる子どもたちの成長も嬉しいです。

今日は年長さん、年中さんで公園でドッジボールをやりました。公園に行く前に「今日はドッジボールしよっかな」とつぶやくと、「痛いからやだ~」「やりたくない~」「負けるからやだ」のネガティブ発言。

今年はそんな感じなのね。やりたくない!と言われると逆にやりたくなります(笑)

公園に着いて準備している間、男の子はやる気で近くで準備を待ってましたが、女子は違う遊びに行ってしまいました。あえて「今日はみんなでやります!」宣言し、みんなでやりました。

ルールもわかっているようなわかっていないような。ルールを理解してみんなでやるというのは結構難しいのです。でもなんとかできました。外野同士でボールの取り合いになったり、張り切って楽しくやっていたのに、当たってしまって拗ねて公園の端っこに走っていってしゃがみ込み、でも誰も気づいてくれないのでまた戻って参加してたり。やりたくないと言ってた女子が意外にも最後まで上手に残って楽しそうでした。

2年前にその時のメンバーでドッジボールをやっていましたが、その時はいろいろありすぎて激しくて危険なくらい。今年のメンバーのドッジボールはガチャガチャな感じがなく、少し静かなドッジボールでした。

小さい子たちは階段を登って亀を見に行ったり、電車ごっこをしたり、高いところからジャンプしたりして雨が降り始めるまで公園遊びを満喫したようです。

by とみぃ

 

 

 

 

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ