園日記

遠足でした。

2019年06月26日

今日は急遽、多摩川遠足を変更して7丁目公園に遠足に行きました(理由は子どもに聞いてみてね)。

行きの道中で、私(なつこ)が初めて行くことがわかった年長Sくん。「あのね、こーんなに大きな滑り台があってね…」と公園の事を一生懸命に教えてくれました。着いてからも「こっちからも行けるよ」や「ここから登って滑れるから、早くおいでー!」と細かく説明してくれました。

多摩川遠足の予定で、「本当はね、四つ葉のクローバーを探そうとしてたの」と、年中Aちゃん。到着するとシロツメクサを見つけたので「Aちゃーん、クローバーあったよ」と、伝えると「クローバーはね1つ見つかると他にもいっぱいあるんだよ!」と得意になって教えてくれました。

今月からチューリップに入った年中Tくん。遊具(吊り橋で階段になっている)に誘ったけどなかなか気持ちが進まず…。でも保育者と一緒に挑戦してみると、最初はこわい…と小さな声で呟いていました。でも最後までやり切りほっと一安心。もうやらないかなーと思っていたら、しばらくしてから上から降りることに自分から挑戦。そばに保育士はいません。ゆっくりだけどバランスとりながら慎重に慎重に足を運んで…一人で最後まで降りれました!

 

知らない事教えてあげる!

残念って思ったけど、でも他の場所でもやりたかったことできた!

ドキドキしたけど勇気出したら出来た!

今日も子どもから心の動きをたくさん感じました。自然の中で子どもを通して私の心もいっぱい動きました。ありがとう!

 

 

 

なつこ

 

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ