園日記

俺流ともだちつくり

2019年06月07日

思っていたより早いうちから雨が降ってきました。どうやら梅雨入りしたようですね。

今日は一日お部屋のなかで遊びました。新しくお友だちになった年中Tくん、「はじめまして。」と声をかけるとキョトンと首をかしげていました。

最初、くだもののパズルをもっていって、まずは質問してみました。「この中で好きなくだものある?」と聞くと、かなり迷っていましたが「りんご」を指差してくれました。最初はやりたくないと言っていたパズルを一部分だけ外して一緒にやってみました。最後のピースをはめたときはとても嬉しそうでした。そのあと自分から他の子のパズルを手伝う姿もみられました。そんなやり取りしていると、何やら間に入りたがっているRくんがやってきました。T君のことがとても気になっている様子。気になりすぎて、どついてみたり、触っているものを黙ってとってみたり。

でもこれは、上手く言葉では伝えられないT君なりのアプローチのしかた。仲良くなりたいのですね。横にきて体を密着させてすりすりしたりもしています。まだまだチューリップに慣れていないT君はちょっと怖いのと、この奇妙な行動がわからないのとで戸惑いぎみでした。でも、こうやって子ども同志は仲良くなっていくのです。

大きい子中心で、トイレットペーパーの芯をビニールテープで繋げて、大蛇のような作品が出来上がりました。天井に近い上の方にかけて飾ってみるといい感じ!つくってみたらこんなのできました!って感じの素敵な作品。

ちょうど明日は参観日なのでお部屋を飾るオーナメントをお父さんお母さんにみてもらえますね。

byしげ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ