園日記

暑さに負けず

2019年05月24日

今日は、ふたりお休みで13人で過ごしました。

とても暑い日で、気温もぐんぐん上昇しました。そんな暑さもへっちゃら、みんな外遊びに意欲満々です。その前におあつまりです。4月からの新しいお友達も今日はお当番でしたが、ごあいさつもお名前呼びも、以前にくらべて自信満々にこなしていました。まだ5月なのに子供は慣れるのがほんとに早いです。なんといっても楽しそうに、おともだち一人ひとりのお名前呼びをしてるのは嬉しいですね。

そのあと、絵本を一冊読みました。「じめんのしたの小さなむし」という昆虫のくらしかたをテーマにしたものです。チューリップには、虫好きの子がたくさんいるので、いつも以上に静かにきいていました。たまごから幼虫になって最後にはおとなにとおはなしは進んでいるのですが、ほとんどの子がカブトムシになるー!と思って聞いていました。でも成虫のなまえは、ハナムグリという名前だったのでちょっと意表をつかれた感じでした。

お弁当を詰めて第四公園に行くことになりました。年長男子が、昨日も第四公園に行ったと教えてくれました。そして昨日の続きの木登りができることをとても喜んでいる様子。第四公園にある木は、宮前平公園の木より大きくて太いので、安心して登れるのかな。

公園では、日差しが強いのも気にせず、それぞれが、山登り、砂遊び、枝ひきずり(笑)いっぱい遊びました。帰りの足取りはすこし疲れがでていましたが最後まで歩いて無事にお部屋に帰りました。

 

byしげ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ