園日記

仲良しチューリップ

2019年04月26日

今日は、玄関で泣く子も登園をしぶる子もいませんでした。笑顔できている元気な様子をみて、とても嬉ししく思います。だいぶ新しい環境に慣れてきてくれているようです。

しばらくすると、あまり広くない遊びのブースから、はないちもんめの歌が聞こえてきました。覗いてみると年長さん筆頭で、はないちもんめを始めていました。新しいお友達が加わってから、大人が誘わなくても、子供たちだけの仲間遊びがもうできるようになっています。新しいお友達もなんだか楽しそうにその遊びをうかがっています。チューリップってなんかいいな!とおもっているような表情でした。

と、和やかに遊んでいたとおもっていたら、急にプロレスみたいな取っ組み合いの格闘技?に変わっていました。展開がはやい。別に喧嘩ではなく遊びの一種。先に、年長組の男の子ふたりが手加減しながらプロレスもどきです。最近こんな男っぽい遊びを見ていなかったので、探りながら保育士も新鮮な気持ちでみていました。だんだんエスカレートしてきて喧嘩になるかもとちょっとドキドキもしましたが、そんな心配もなく笑いで終わっていました。周りの女子たちもその遊びがあまりにも楽しそうだったのか真似をしたり、応援団も加わったりでとても微笑ましい時間を過ごしました。

いい塩梅を知っている子供たち。そして、おともだちと楽しむことをこころから望んでいる今年のチューリップチームです。どんな遊びが広がるか楽しみです。

明日からの連休、長いお休みになりますが、怪我なく過ごしてくださいね。

 

byしげ

<<前のページに戻る

ページの先頭へ