園日記

夢パークへ

2018年07月11日

今日は曇り空ではありましたが、蒸し暑い一日でした、11時すぎに園をでて、電車を乗り継ぎ津田山へ。そこから少し歩くと夢パークに到着です。「おなかすいた~」の声もあり、時計をみると、ちょうど12時だったので先にご飯にしました。今日は11日です。毎月11には震災の時から『当たり前のことが当たり目ではない。水、電気、食べ物、自然に感謝をすることを忘れずにいよう。おにぎり一つの有難さを知ろう』という意識を持って行っている『粗食の日』。「おれ鮭」「ぼく梅干し」と言い合いながらおにぎりをペロリ!ごちそうさま~と言って遊びに行きます。三階建の施設ではありますが、今日は一階だけにしました。夢パークの全体を走り回る自転車と、泥んこ地帯や、ウォータースライダーが人気です。時間も忘れて夢中で遊ぶ子ども達に、遊びに意味があるのだとしたが、遊ぶことは生きることなのだなあと感じました。

同行のお母さんのご協力もいただき、ありがとうございました。OBの小学生もお迎え後やってきて6時まで遊んだ!とも聞きました。楽しそうな子ども達の様子をみるのも、大人の幸せですね。

BYしお

<<前のページに戻る

ページの先頭へ