園日記

七夕飾り

2018年07月03日

火曜日ですが、私(しお)は久しぶりの子ども達お母さん達との再会でした。大きい子達は「あれ?いるの?」という顔をしていましたが、嬉しそうでもありました。

自由遊びをしながら、小さい子から水あそびをします。やらない子もいて面白いのですが、意思を尊重します。お集まりをして世界の話を少しと、七夕の絵本を読みました。そのあとは、順番に笹飾り作り。三角の折り紙に糊をつけて長い飾りにします。長さも色合いもそれぞれですが、こういうことにも性格がでてきます。わが子の様子だけみていると、それがふつうに思えますが、全員違います。誰がいいわけではないのですが、他の子ども達の様子をみるとわが子との違いが明らかにわかってくるので、保育見学を必修にしているのです。今日は一番小さいKちゃんのお母さんが一日見学参加をしてくれました。

ひまわり組(年長、年中)はお昼ご飯の後に、宮前平公園に。その前に読んだ絵本『ぼくらのむしとり』に刺激されて「虫をつかまえよう!」と年長Rくん。カナブンは蝶もたくさんいました。外は暑いけれど、木陰が涼しく風もあります。外の自然の中でどうすごすのかも体感しながら、させたい経験です。

BYしお

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ