園日記

お雛様作り

2018年02月28日

今日は自由遊びの中で、組ごとに少人数でお雛様つくりをしました。小さい子は経験をしてみること、大きい子は創意工夫や表現力がでてくればいいな、との取り組みです。何か同じことをみんなでやると、それぞれの個性がでてきます。集中するしない、好きな嫌い、同じようにする、オリジナルであろうとする、全員違います。それも個々にお伝えしたいと思います。

朝の会のしつもんは、お当番のT君が頬に青あざがあるのをみて、「痛かったことは?」でした。5,6人答えました。はじめに年長さんが「ひざが痛かった」と答えたので、どこで、なんで、を入れてお話のように伝えて、と言うと、「昨日、公園で鬼ごっこをしてた時に・・・」と話してくれました。3歳以上の子は沢山の言葉を覚えているので、それをうまくつなげて言えるよう、どこで?なんで?それでどうおもったの?今度はどうする?などど、掘り下げていくと続く言葉がでてきます。お母さん、お父さん、ご機嫌のいいときに聞いてみてください。聞かなければならない!だと詰問になってしまうので、自分の余裕のあるときにやるのが大事です。

お雛様飾ってあるので、のぞいてみてくださいね。

BYしお

<<前のページに戻る

ページの先頭へ