園日記

小さなやさしさ

2017年10月06日

 

運動会まで残すところあと1週間。運動会気分が盛り上がってきているようてす。朝はポンポンをもって音楽に合わせ踊りの練習。二人組になって組体操。手押し車もやりましたが最近手押し車ってあまりやらないからどうかなあと思ってみていましたが皆上手にできていましたよ。そしてそのあとは毎年運動会の入場門を段ボールて作るのですがその箱につける秋の味覚の絵が足りなかったので皆で手分けしてかいて付け足しました。食べたことのないくらい大きなぶどうや食べたことのない色のメロンがあったりでさすが個性的なチューリップのお友だちの作品です。名前を書いて貼ってありますので是非当日は見てください。

今日も公園に行ったのですがちょっと肌寒い感じの日だったので上着を持っていった子も数名いました。チューリップでは特にひまわり組さんは外に出るとき自己責任で自分が寒いと思ったら上着を持っていくことにしています。公園に着いて自分の上着を寒いといっているお友だちに貸してあげたCちゃん。「だって寒いっていってたからー。」とお話ししてくれましたが機転をきかせて自分のものを貸してあげる気持ちの優しさになんだかほっこりしました。
そしてお昼の時間も。美味しい塩べんのおかわりの時、あとひとつでなくなる人気のバナナ…「あっあっ!」と並んでいた二人のお友だちはバナナから目が離せません。最後に並んでいたお友だちは残念バナナは売り切れてしまいました。順番だからね!仕方ない!と思っていたら前の前に並んでいてそれを見ていた年長Rちゃんが「これいいよ!」とバナナを差し出してあげていました。ここでも小さな優しさ感じてほっこり。自分より小さい子への思いやりが自然と沸き上がる気持ちが育ってるなあとおもいました。そして縦割りいいなあとつくづく思ってみていました。

運動会晴れるといいね。

しげ

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ