園日記

かっぱーくに行きました

2017年05月11日

朝方は雨でしたが小雨から霧雨にもなって、予定どおり、かっぱーくに行きました。少し遅めに出発し、まだ歩きなれない小さなチューリップ組さん(年少組)も引き連れて全員でのかっぱーくは今年度初めてです。かっぱーくまでの道のりは下り坂から上り坂があるので、上り坂になると急に亀さんの歩きになります。それでも歩くしかない体験、しゃがみこむことも抱っこをせがむこともせず、大きい子に引っ張られて歩く姿は毎年のことですが感心します。一年もたつと引っ張られていた子がしっかりと歩けるようになり、今度は他の子を引っ張っていくという逞しさがでてきます。
赤ちゃんが歩けるようになるまでの、発達過程のように、集団での生活も一年一年段階を経てできないことができるようになります。友達関係も喧嘩ばかりしてたのに、そんなことが多くあった関係こそ仲良く深い関係になっていくのです。……話がそれました。

公園に着いたのは12時半!お腹すいた〜とお弁当を食べてから遊びました。みんな大喜び!靴靴下を脱いではいる子、ズボンも脱いで入る子、長靴で入る子、それぞれです。
30分ほど遊んでもう帰り支度。えーっ、という感じでしたが少し肌寒かったしちょうどよかったかもしれません。

駅に五分前についたので、プチ振り返り会。もっと遊びたかったんだよね、じゃどうすればよかったかな?としつもん。こちらから何もいわないのにみんなから、食べるが遅かった、行くのが遅かった、片付けるのが遅かった、などなどよくわかってるではないですか(笑)
時間だから帰るよーと声をかけたのは、大人のせいではなく、大人の指示には絶対に従わなければならないというのではなく、自分の責任として行動を振り返る、ひまわり組さん。今までの声かけの積み重ねが見えたようで嬉しかったです。

byしお

人脈の達人と魔法の質問

誰にどう育てられたのか

そばにいる大人の目線があったかい

絵本はともだち

 

 

<<前のページに戻る

ページの先頭へ